猫が大好きで猫を色鉛筆で描いてます。 最近写真も撮り始めました。
 ねこらんまん展に行って来ました。
2017年06月08日 (木) | 編集 |
昨日、群馬県高崎市で行われている「ねこらんまん展」に行って来ました。
ブログのお友達のくろひげ屋ニャンズと猫の鉛筆画のくろひげ屋さんが出展されていますので見に行きました。

日本間に猫ちゃん達の絵が飾られていました。
鉛筆で細密に描かれた猫の絵は素晴らしく毛並の美しさ、柔らかさが伝わってきて触りたくなります。
くろひげ屋さんの猫ちゃんに対する愛情の深さが絵に表れていました。
らんまん展




らんまん点




らんまん5



らんまん2
猫ちゃんの後ろ姿がルナに似ていてジッと見ていました。





らんまん6
くろひげ屋さんが可愛がっていた愛犬ももちゃんも参加しています。



らんまん3
「目に入れても痛くないちょびちゃん」猫ちゃんに対する思いが書かれています。
優しいですね。



くろひげ屋さんは鉛筆で私は色鉛筆で細密な猫の絵を描いていますので絵の話や猫の話などいろいろ話は尽きず楽しい時間を過ごしてきました。
6月11日までくろひげ屋さんの個展が開催されています。

その他にも猫作家さんの個性豊かな作品が展示されていますので見応えのある「ねこらんまん展」でした。

私は最近はほとんど絵を描いていませんが・・・。
くろひげ屋さんの絵を見て刺激されて帰ってきました。
描いてみようかなという気持ちも芽生えてきつつも。






スポンサーサイト

 猫展はこんな感じです。
2015年06月22日 (月) | 編集 |
6月19日から猫展が始まりました。
中日も過ぎ残りあと2日になりました。
早いものです。
沢山のブロ友さんに来ていただき会場がオフ会の様な賑わいになりました。


私の絵のコーナーです。
P6190336.jpg


ここも
P6190284.jpg


NeccoSunさんのコーナーです。
P6190276.jpg


ここも
P6190274.jpg


結局新作を描いても気に入らない絵もあって山手234番館でしたときの絵を飾りました。
234番館の時はブロ友さんに来ていただいたのは数名の方でした。
今回改めて原画を見ていただきました。
2007_1024_113326-DSCF1609.jpg



2007_1024_113623-DSCF1613.jpg



蘭丸ちゃん3


あと2日になりました。
楽しみたいと思います。




 「花と猫の絵画展」が始まりました。
2015年05月15日 (金) | 編集 |
今日から20日まで山手111番館での「花と猫の絵画展」が始まりました。
お天気も良く大勢の方がご来場くださいました。
P5150002.jpg
正面入り口から入ったところです。


P5150004.jpg



P5150007.jpg



P5150005.jpg



P5150016.jpg



P5150026.jpg

花と猫の絵を合わせて24点と作品を展示しています。
花の絵は弟が描いています。
初めての姉弟展です。

2人そろって細密画を描いています。

お客様とお話を楽しみながらの絵画展です。




 猫展が終わりました。
2014年05月22日 (木) | 編集 |
昨日猫展が終了して今日午前中に搬出をして無事終了しました。
ブログの方にも大勢の方に来て頂けました。
皆様と楽しい時間を過ごすことが出来ました。
皆さまから美味しいお菓子や可愛い猫グッズ、お花を頂きまして有難うございました。

そしてくろひげ屋ニャンズと猫の鉛筆画のくろひげ屋さんが来て下さって我が家の猫のシルバーを描いて下さった原画を下さいました。
宝物
原画は素晴らしく毛の柔らかさが伝わってきて撫ぜて見たくなります。
くろひげ屋さんの優しさが絵に込められています。
原画を見ているとシルバーが帰って来てくれた様な気がして来ました。
我が家の猫の絵を頂けて大事な宝物になりました。
有難うございました。




山手111番館のお部屋には素敵なお花が飾られています。
このお花は殆んどがお庭のお花だそうです。
お花5


お花4


お花


お花2



そして窓から猫展を見ている猫です。
111番館猫


山手111番館の帰り道に出会った猫です。
111番館猫2


楽しかった猫展も終わり気が抜けた様です。
少ししたらまた来年に向けて猫の絵を描いて行こうと思います。




 山手111番館はこんなに素敵な洋館です。
2014年05月20日 (火) | 編集 |
猫展も明日が最終日になりました。
沢山の方に来て頂いて猫好きの方たちと猫のお話をしたり、可愛い猫ちゃんの写真を見せて頂いたり
毎日楽しく過ごしています。

山手111番館は大正15年アメリカ人ラフイン氏の住宅としてJ.H.モーガンが設計しました。
お部屋1-2
玄関を入ってすぐのお部屋です。


置時計
暖炉の上にあるアンティークな置時計です。


お部屋1
このお部屋の奥にはピアノがあります。
毎月1回ピアノコンサートがこのお部屋で行われます。


キッチン
このお部屋の奥にキッチンがあります。
キッチンの窓もお洒落です。


反対側



裏窓
ギャラリーの向いのお部屋の窓から見える景色が素敵です。


隣室
ギャラリーの隣室です。


窓から
ギャラリーの窓から見えるお庭です。


このギャラリーを使用するには抽選があります。
2回連続で出来た事はとてもラッキーなことです。
来年もと願っています。


あと1日です。
楽しみたいと思います。